HOME > 秋葉神社

秋葉神社
 

 秋葉神社
 



松戸神社の境内には、末社と呼ぶには、とても立派な社殿を持つ秋葉神社があります。

ご祭神は『火之迦具土大神』(ひのかぐつちのおおかみ)は、火防・災害除けの神様として、古くから全国的に信仰を集めています。

毎年6月30日に、例祭を執り行います。例祭日前の週末には、町会のお神輿宮入りや、境内にて神賑行事が行われます。




 
 秋葉神社




秋葉神社 



 

秋葉神社



秋葉神社

秋葉神社



 



   
   
 


〜 秋葉神社の奉納額 〜



火防の神様ゆえ明治の江戸火消しからの奉納額があります



秋葉神社




掲載されている写真は、江戸時代は 「い組」 現在は江戸消防記念会第一区二番組のものです。 纏の上部の陀志 (だし) は、「芥子玉」 と 「升」 で 「消します」としているそうです。  


また、この額に記載されている方々は、「頭」ではなく、「筒先」の方々です。
現在の役の順序は次の通りです。
組頭」 ⇒ 「副組頭」 ⇒ 「小頭」 ⇒ 「筒先」 ⇒ 「道具持」 ( 「纒」 「梯子」 「若衆」 )
以上 本ページをご覧になったかたからのメールより

本ページをご覧頂いた方から、神社拝殿の纏の奉納額についていろいろと教えていただきました。ありがとうございました。
松戸神社HP管理人



秋葉神社
江戸町火消 い組





秋葉神社







秋葉神社







                          HOME > 秋葉神社