HOME > 御祈願について > 初詣について



松戸神社


~ 初詣について ~



 

 令和3年は、新型コロナウイルス感染防止のため、元旦の境内でのお囃子や獅子舞などの奉納、樽酒、甘酒の振る舞いは、中止いたします。


~ お正月のご祈願 ~


 
『家内安全』 『厄除祈願』 『商売繁昌』など


松戸神社では、新型コロナウイルス感染防止対策を行いながら、
お正月(新春)のご祈願として、各種の昇殿祈願祭を執り行っております。
 


<御祈願受付時間>

 10時から15時にて、お申し込みを済まされた方より順次、
 昇殿祈願祭を斎行いたします。

  ※平日は事前予約をお願いいたします。


※マスク着用、手指の消毒、距離を取ったご参拝にご協力ください
※体調不良もしくは体調にご不安のある方のご参拝はご遠慮ください 



 <ご昇殿人数について>

個人様・・・ご本人のみとし、介助付添は一名を原則といたします
      ※その他はご相談ください

企業、団体様・・・三名までを原則といたします


 ご不明な点、ご相談がありましたら、
 社務所窓口までお問い合わせください。

 

<御祈願について>

  安産祈願(戌の日)

  七五三詣

  厄除け(厄祓い)

  交通安全

  合格祈願

  工事安全

  病気平癒
  初宮詣(お宮参り)

 家内安全(初詣について)

 商売繁盛

 車・二輪車のお祓い

 方位除

 社業繁栄

 
成人奉告・還暦祝(年祝い)





~ 年の暮れには、お札を新しく ~


 

年末には、神棚をきれいにして、神社のお札も新しいものと取り替えます。

 一年の区切りに当たるこの時期に、御神札を取り替えるのは、生き生きとしたご神霊の御力をいただいて、新年の幸福や家族の無病息災を祈る、素直な気持ちの表れなのです。

 また、このような習慣は、命の連続を未来へ発展させてゆくという日本古来の考え方といえます。

 古い御神札やお守りは、一年間お守りいただいた感謝の気持ちを添えて、松戸神社の古札納め所へ納めて下さい。

そして、お正月、各家庭では、年神様(としがみさま)をお迎えします。

 
 
年神さまのお札一組 
 
 

松戸神社では、12月中旬より、歳神さまのお札一組(初穂料3000円)を授与しております。

 

年神様は、お正月さまとも呼ばれ、一年の家族の健康と幸福を授けて下さる神様です。

 年末に大掃除をして注連縄(しめなわ)を張るのは、単なる飾りではなく、その家が神様をお迎えする神聖な場所であることを示しています。

 門松は、年神様の依り代(よりしろ)となり、それを目印として、神様は降臨します。






ご祈願のお申込みについて



松戸神社 社務所
047-362-3544 
HOME > 御祈願について > 初詣について