HOME > 御祈願について > 初宮詣(お宮参り)について



松戸神社


〜 初宮詣(お宮参り) 〜





松戸神社 初宮詣




子どもの誕生に当たっては、命名(誕生後7日目に名前を付け、披露してお祝いします)やお食い初め(生後100日目頃に、大人と同じ食器で赤ちゃんに食べる真似をさせます)など、無事に成長することを祈って様々な行事が行われますが、新生児が初めて神社に参拝することを、『初宮詣』といいます。


 歴史的には、室町時代に武家の間で行われるようになったものが、その後、庶民へ広まっていった儀礼です。


 初宮詣は、産まれた子どもが、氏神様のご加護を受けて健やかに成長することを目的にしていますが、古くは『氏子に入る』という意味で、氏神様(産まれた土地の神様)に認めていただき、社会的に、地域の仲間入りをはたす意義のある儀式でもあります。


 松戸神社にあっても、年間を通じて多くの赤ちゃんが初宮詣に来られます。





〜初宮詣をするときは〜


 男児 → 生後31日 または32日目

 女児 → 生後32日 または33日目





 一般的には、右上に記載した日程で参拝すると良いと言われていますが、地域によっては、違う場合もあります。


 赤ちゃんは抵抗力が弱いので健康状態なども考慮されることも大切です。


 参拝に際しては、赤ちゃんに『一つ身の着物』と『帽子』と『よだれかけ』、その上に『祝着』をつけ、赤ちゃんを抱く人の後ろで結びますが、最近は、ドレスを着せる方も多くなってきました。


 また、赤ちゃんは、おばあちゃん(父方の母親)が抱くのが、ならわしです。

 
初宮詣 
 
ご祈願のお申込みについて



松戸神社 社務所
047−362−3544 


HOME > 御祈願について > 初宮詣(お宮参り)について