HOME > 御祈願について > 七五三詣について



松戸神社


〜 七五三のいわれ 〜


 松戸神社 七五三詣



七五三は、神様に、子供が今まで無事に過ごしてきたことを感謝し、今後の健やかな成長を祈る儀式です。


  この行事は、平安時代中期の公家の間で行われた儀式で、三歳の男女の場合は『髪置』、五歳の男子の場合は『袴着』、七歳の女子の場合には『帯解』・『紐落とし』が起源であると云われています。




            
〜 大切な通過儀礼 〜
 松戸神社 七五三詣    

 

 古い時代では、およその年齢で衣服の種類や髪型が決まっていました。


 小さな子は、紐を縫いつけた着物を着ていましたが、ある年齢になると、大人と同じように帯を締める着物に変えるようになります。


七歳を超えると、子供も社会の一員として、地域の行事に参加する資格が得られたのです。


 このように七五三は、子供の成長を社会的に認知する大切な通過儀礼で、大変お目出度い行事です。





〜 11月15日 七五三祝祭 〜




 松戸神社 七五三詣    
 

本来は、数え年でご祈願を受け、祝うものでしたが、近年では満年齢で行うことも多くなりました。


 日柄の良い日や家族総出でご祈願を受け、お参り可能な日程を選ぶのも、間違いではありません。


 また、七五三が、11月15日に行うと良いとされることについては、江戸時代五代将軍徳川綱吉の子、徳松の髪置のお祝いが、暦の年中最上の吉日とされる、この日に行われたのを、庶民がまねるようになったと云われています。


 千歳飴は、長く伸びるという縁起にあやかったものです。



ご案内

2018年の千笑会の皆さんによるお囃子の奉納

11月4日(日)、11日(日)
午前10時と午後3時に行われました。

本年は、11月11日(日)に境内にて
神輿連絡会の皆さんによる
宮神輿の展示も行われました。





詳しくはこちらをご覧ください。

 
 
ご祈願のお申込みについて



松戸神社 社務所
047−362−3544 
 

HOME > 御祈願について > 七五三詣について