HOME > 御祈願について > 稲荷祭・宅神祭について



松戸神社


〜 稲荷祭・宅神祭について 〜


松戸神社 稲荷祭・宅神祭について



            

古来より日本人は、生活のあらゆる場面に「神様」を感じ、「八百万の神々」として信仰してきました。

 

したがって、いろいろな場所や形式で神事を行い、参拝を重ねることは、まさに日本民族固有の伝統的精神です。

 

ですから、個人のご家庭や地域行事、会社企業の周辺にも、多種多様な神様が鎮座し、それぞれに対応した出張祭典があります。

 

松戸神社では、各ご家庭の神棚奉斎のご祭儀は、もとより、家庭の敷地内にある邸内社(家の敷地におまつりされているお社)や、企業のビルや工場敷地におまつりされている稲荷社など、それぞれの信仰形態に応じた祭典儀式を執り行っております。

 

ご家庭の中にあっても、神棚を新しくするだけでなく、一年の中で特別な祭礼がある場合は、家に伝わる祭礼を正しく継承され、後世の子孫一族の皆さんの絆を、より強固にしていくことも大切なしきたりです。

 

とりわけ、全国的な祭礼として著名なのは、午の日に行うお稲荷さまの祭礼です。

 

ご家庭にも立派な稲荷社ある場合は、家庭円満・商売繁盛などの祈念を込めて、お稲荷さまの祭礼を行うと良いですね。

 

会社企業にあっては、お稲荷さまをおまつりされている事業所も多く、午の日の稲荷祭礼を大切にすれば、社員の皆さんの意思も統一され、清々しい職場となることでしょう。

 

祭礼神事の概要詳細については、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 





〔 祭典にご用意頂く物 〕


 【神饌品】 自然の恵みによっていただいた品々を、
       感謝の意を込めて神様にお供えします。


        ・米  (二合程度)

        ・清酒 (一升)

        ・餅  (用意できれば丁重ですが、
                     略しても結構です)

        ・魚(尾頭つき)または スルメ(二〜三枚)

        ・海産物(昆布・わかめ・寒天・鰹節など 
                        三〜四品)

        ・野菜 (新鮮な季節の物 三〜四品)

        ・果物 (新鮮な季節の物 三〜四品)

        ・塩  (小皿山盛り一杯程度)

        ・お水 (コップ一杯)


 【その他】 ・乾盃用に参列人数分の紙コップ

       ・
稲荷祭礼の場合は、上記神饌品とともに「油揚げ」を
             ご神前へお供えします。


 

 
ご祈願のお申込みについて

松戸神社 社務所
047−362−3544
 
 
HOME > 御祈願について > 稲荷祭・宅神祭について