HOME > 御祈願について > 神葬祭について


松戸神社

〜 神葬祭について 〜


 

 

日本人の神葬祭に対する実際的な考え方を申すならば、「故人」は、祖先の神々と共に『御霊(みたま)さま』として留まり、一家の守護神として永年に渡ってご加護を頂き、家族親族は、「遺体(なきがら)」を墳墓に納めて鎮め奉ります。

 

葬儀とは、人生最終の重要な祭儀ですから、人の終りを悲しみ、その徳を偲び、その御霊さまの安らかならん鎮座を祈り、誠意をもって手厚く行わなければなりません。

 

松戸神社では、それぞれのご家庭のしきたりに応じた神葬祭を執り行っております。

 
 
 

〜祖霊祭・年祭について〜



   

葬儀の後は、祖先の霊神と共に祖霊として、各家庭の御霊舎(みたまや)におまつりされ、日夜を通じて子孫の繁栄と幸福を守護せられます。

 

子孫にあたる者達は、祖霊に対して、遺徳を偲び、永年の安らかなる鎮護を祈りましょう。

 

子孫が今日あるのは、祖先の賜物であり、日々の営み、仕事への励み、子供への教育も、すべてご先祖のご加護があって成り立っていることを忘れてはなりません。

 

広義に解釈すれば、過去の大戦で亡くなられた大勢の英霊(えいれい)や、災害事故で亡くなられた御霊(みたま)さまに対しても、その遺訓を深く心に銘じ、今後の社会全体の福祉と興隆とを祈ることも大切です。

 

通常のしきたりでは、故人の命日を基準とした『1年祭・3年祭・5年祭・10年祭』という日程で、皆さんの家にある御霊舎の御前にて、祖霊祭(年祭)を行うことが好ましいとされています。

 

松戸神社では、各々の家庭のしきたりを考慮した上で、御一家の安泰と隆昌を祈念しておりますので、遠慮なくご相談ください。

 
 

   松戸神社 社務所
               047−362−3544

 
 
 神葬祭 祖霊祭
 

神葬祭 祖霊祭


 神葬祭 祖霊祭
 

神葬祭 祖霊祭

神葬祭 祖霊祭




ご祈願のお申込みについて

松戸神社 社務所
047−362−3544
 
 
HOME > 御祈願について > 神葬祭について